マメハンミョウ 

先月、撮影したマメハンミョウ。

画像

画像

画像

  腹が減っているのか、せわしなく動き回りながらせっせと葉を食べていました。
画像
  体液には毒の成分が含まれているそうなので、素手では触れないように……。








この記事へのコメント

2016年09月05日 09:05
こんなオシャレなスーツを着て、害虫で毒もあるとは
驚きですね。当地では見たことがありません。
クロコノマチョウ、今朝2回目の脱皮をしており、
9時に、写真を撮ったところです。
2016年09月06日 13:37
これは懐かしい。
昔、子供の頃、長野県の北部にむちゃくちゃ沢山いたのを思いだしました。
いるところには沢山いるが、いないところには全くいないタイプなのか?
それ以来もう30年程か?
全く出会いがありません。
2016年09月06日 16:31
ツユヒメさんへ
ツチハンミョウの仲間は不思議ですね。まあ、ツチハンミョウに限ったことではないのでしょうが、生態を知れば知るほど不可思議な……。
クロコノマチョウの幼虫、だんだん「らしく」なってきましたね。

秋洋さんへ
この幼虫は土中のイナゴなどバッタの卵を捕食し、成虫はダイズなどを食害する、幼虫時は(ニンゲンにとって)益虫、成虫は害虫という側面を持っているようですね。イナゴが減って、この虫も減ってきているようです。