アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
メンバラ&身近な自然
ブログ紹介
メンタル・バランス」と名乗っていたのが、短く「メンバラ」と呼ばれるようになり、それをハンドルネームにしています。
2006年6月14日にスタートしました。

主なテーマは、広い意味での「自然」で、野鳥・昆虫・植物が中心です。
自然で動きのある姿を撮ろうと努力していますが、肝心の撮影の腕が伴わないため、当然のことながらB級、C級、粗悪品を大量生産し、品質が揃わなくても(止むを得ず)記事として載せています。
写真図鑑のようにきれいに撮ることはあきらめ、「観察」にこだわった写真を並べようとしています。

◇◇ 記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除します◇◇
また、一度承認したコメントであっても、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
zoom RSS

ムシクソハムシ

2018/04/18 16:00
例年、野鳥の夏枯れ時期から虫撮りを始めるので、出現時期がこんなに早いとは思っていませんでした。

  この日、見付けたのは、ムシクソハムシ。
  コウチュウ(甲虫)目ハムシ科コブハムシ亜科に分類されています。

画像


画像



  動画はFacebookで公開(友達の範囲)しています。




記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


ヨシガモの着水

2018/04/18 06:00
まだ残っていたヨシガモ(昨日の記事の、アオサギとニアミスした同一個体)の着水場面。

  ペアと一緒に飛んできました。
  
画像


画像

画像

画像


  ♀の方が派手に水しぶきを上げていました。







記事へトラックバック / コメント


ニアミス

2018/04/17 09:00
  アオサギとヨシガモのニアミス。

画像




記事へトラックバック / コメント


よーい、ドン

2018/04/16 22:00
飛び立つサインが分かる時と、そうでない時があります。

  電柱のサシバ。この時は分かりました。

画像


画像


画像


画像



  画質が悪いのでお分かりだと思いますが、大きくトリミングしています。
  車中から撮影。






記事へトラックバック / コメント


小さなイタドリハムシかと……

2018/04/10 06:00
こんな小さなイタドリハムシもいるんだと思ってしまいました。

画像


画像


画像

  似てはいるけれど、これはクロボシツツハムシというようで、
  「黒星」とついたのでは、勝負をかけている人たちには嫌われそう……。



  本家イタドリハムシはこちら。
画像


  こっちにも似ていますね。
画像




記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


営巣を始めたダイサギ(チュウダイサギ)

2018/04/07 19:00
今年も営巣シーズンに入りました。

  巣を構えたダイサギ(チュウダイサギ)のペア。
画像



画像

  飾り羽と目先が、とってもキレイです。








記事へトラックバック / コメント


サシバの交尾行動

2018/04/04 20:30
当地でのサシバの初認は3月29日で、4月1日には交尾行動を確認しましたが、遠すぎて不鮮明な画像しか残せませんでした。

4月3日、前々日よりは近かったのですが、足場の悪い杉の梢での交尾行動だったので、姿が隠れてしまうことが多かったです。全部で32枚と多いですが、その一部始終です。

 ➀
画像


 A
画像


 B
画像


 C
画像


 D
画像


 E
画像


 F
画像


 G
画像


 H
画像


 I
画像


 J
画像


 K
画像


 L
画像


 M
画像


 N
画像


 O
画像


 P
画像


 Q
画像


 R
画像


 S
画像


 ㉑
画像


 ㉒
画像


 ㉓
画像


 ㉔
画像


 ㉕
画像


 ㉖
画像


 ㉗
画像


 ㉘
画像


 ㉙
画像


 ㉚
画像


 ㉛
画像


 ㉜
画像






記事へトラックバック / コメント


今日のサシバ

2018/04/03 17:00
このところサシバを撮ってばかりいるので、サシバの記事が多くなります。ご容赦を。

PENTAX K3にAF機能がないオールドレンズの300ミリF4に、1.7倍しかもAFになるテレコンを付けたらどうなるかと思って試してみたのが、これ。

  こちらに向かって飛んで来たので、慌てたファーストショット。
画像

  慌てた割には、そこそこ撮れた気がしますが……。



  遠くを飛んでいるときは、Olympus E-M1+PROMINAR500を三脚にセットして撮る方が
  ピントはマニュアルだけれど、断然撮りやすい。
画像

  けど、至近距離を飛ばれると、
  フレームに入れるのに四苦八苦している間に飛び去ってしまうので、
  まったくお手上げ(T_T)


  フレームに半分でも入ってくれれば良い方。
画像









記事へトラックバック / コメント


サシバ 3/3

2018/03/31 20:00
3月29日にサシバの飛来を、例年の観察場所で確認しました。

3月31日に、市内の他の場所にも来ていないかと、初認の場所で2羽、移動した先の谷津田で鳴かない2羽、帰りがけに、やはり鳴かないで突然現れた1羽を確認しました。


画像



画像



画像


  3か所回って、3か所とも飛来が確認できたので、3/3。(3月3日ではありません)





記事へトラックバック / コメント


サシバが来た!!

2018/03/29 16:30
例年通り、今年も3月下旬にサシバの姿を見ることが出来ました。

画像

画像

画像



  トリミングしても小さい、とっても高いところで3羽。
画像












記事へトラックバック / コメント


とってもナーバス ハシボソガラス

2018/03/24 06:00
猛禽類を見つけると、仲間を呼んで追い出しにかかることが多いカラスですが、この日は1羽でノスリに立ち向かっていきました。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


  それもそのはず、近くの高圧線の鉄塔のてっぺんで巣作りをしているのです。
  数日前の記事は → こちら 

  順調かと思いきや、途中まで出来上がっていた愛の巣をカワウに乗っ取られてしまったようなのです。
画像

画像



  2日後も同じ状況で、カラスは近くの電柱にとまっていました。
画像

画像


  それで一層ナーバスになっていたのかもしれません。





記事へトラックバック / コメント


ムラサキシラホシカメムシ

2018/03/23 09:30
カメムシの仲間が登場することは少ないのですが、模様がきれいだったり、形が面白かったりするものは別扱いです。

 「ムラサキシラホシカメムシ」 別名ツヤマルシラホシカメムシともいうようです。

画像


  どこがムラサキ色なんでしょう。
画像

  光の当たり具合では、ムラサキ色に見えることもあるようです。

画像







記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


イタドリハムシ

2018/03/21 06:00
ビロードツリアブの活性はあまり高くなく、枯れ落ち葉にとまっていることが多く、吸蜜しないので手持無沙汰にしていたら、イタドリハムシが目にとまりました。

 探すと、何匹も見つかりました。成虫越冬するんですね。

画像

画像

画像



画像


 盛んに飛んだのは、いっときだけでした。








記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2


啓蟄を過ぎて 毎年の楽しみ

2018/03/20 09:00
今年の啓蟄は3月6日でした。期間で言うと、3月6日から春分の日の前日の3月20日までということになります。

 毎年、姿を見るのを楽しみにしているのは、これ。

画像

 ビロードツリアブ。そろそろかなと思い出した3月18日に撮影。

画像

 シャッタースピード1/400では、ホバリングしている翅は、まったく写りません。











 
記事へナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2


至近距離に出現 ハイイロチュウヒ

2018/03/14 13:00
「さっき撮った猛禽は、胸が白っぽかったけど、なんだったのかな?」と、帰宅してPCに取り込む前にモニターで拡大してみて、ビックリ! ハイイロチュウヒの♀でした。
以下は大きくトリミングしてあります。

画像

 もっと拡大すると……。
画像



画像



ハイイロチュウヒとの遭遇は、そうそうあることではありませんが、この日のハイイロチュウヒ♀は、自宅から車で15分ほどの場所。これまでで、いちばんの至近距離(自宅から)でした。これまでこの場所で、ハヤブサやチョウゲンボウは見ても、チュウヒの類は一度も見たことはありませんでした。

35ミリ換算で600ミリ相当の望遠レンズで撮っても、トリミングしないと、こ〜んなに遠いんです。
画像

画像


自宅から至近距離の場所で、ほんとの至近距離を飛んでくれたら良かったのですが。







記事へトラックバック / コメント


超高層の愛の巣

2018/03/13 16:30
行けば必ず出会えるチョウゲンボウの場所に行ってみたら、どういう訳か、この日は不在。


待っていれば戻ってくるかと、あたりを眺めていたら、カラスが鉄塔のてっぺんに何度も止まるので、気になって双眼鏡で見てみたら、巣作りの最中でした。
画像

画像


画像

画像

画像


この鉄塔を管理している東電の支社の電話番号が書いてあったので、電話してみたら丁寧に対応してくれました。
曰く、この時期は営巣が多いので、撤去しても作り直されることも多く、通電に支障がある場所への営巣の場合は撤去するけれども、通電に支障がない場所で、かつ巣材に針金ハンガーを使っていなければ、積極的に撤去しないのだそうです。


針金ハンガーが使われていないか、別角度から確認してみたら、天然素材だけで出来ていました。
画像


当初、高さを42メートルとしましたが、あれっ? 24メートルだったかな? と不安になり、タイトルも変更しました。

後日確認したところ、この鉄塔の高さは39.2Mでした。





記事へトラックバック / コメント


風当たりが強い

2018/03/06 06:00

チョウゲンボウがとまっているのは高圧線で、何本か渡された電線のいちばん高い所。
この日はけっこう風が強く、とまっているのも大変そうでしたが、お好みの場所のようです。

画像


画像
 用意ドン! で飛行機と一緒に飛び出したら面白かったのですが……。



画像


この高圧線は東千葉変電所から送られてくる66kVの高圧電流が流れているようで、鉄塔の地上近くのプレートに地上高が書いてあるかと思ったのですが、〇〇線a□ と管理する支社の電話番号があるだけでした。









記事へトラックバック / コメント


冷え込んだ朝のオオジュリン

2018/03/05 09:01
春一番が吹いて、気温がこうも上がると、つい先日の冷え込んだ朝のことが、ずっと前のことのように思えてしまいます。

画像


画像


画像


この日の朝は冷え込んで、穂には霜が降りていました。







記事へトラックバック / コメント


華麗な舞い ハクセキレイ

2018/03/01 05:30
枯れた芝生の上で採餌中のハクセキレイ。
時折、羽を広げるので、その瞬間を捉えようと狙い続けてみました。

 250枚以上撮って、羽を広げた瞬間が撮れたのは、この1枚だけでした(T_T)/~~~

画像




記事へトラックバック / コメント


一瞬の早わざ セグロセキレイ

2018/02/28 05:30
川岸にいたセグロセキレイ。
岸沿いに歩きながら、時折、羽を広げて水面へ行き、すぐに岸辺に戻るという動作をしていました。
以下はその一連の動きです。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


   
画像



羽ばたいたようにしか見えない動作なのですが、実際には水中に頭を突っ込んで、小さな虫のようなものを捕らえていたんですね。



記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

メンバラ&身近な自然/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる