アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
メンバラ&身近な自然
ブログ紹介
メンタル・バランス」と名乗っていたのが、短く「メンバラ」と呼ばれるようになり、それをハンドルネームにしています。
2006年6月14日にスタートしました。

主なテーマは、広い意味での「自然」で、野鳥・昆虫・植物が中心です。
自然で動きのある姿を撮ろうと努力していますが、肝心の撮影の腕が伴わないため、当然のことながらB級、C級、粗悪品を大量生産し、品質が揃わなくても(止むを得ず)記事として載せています。
写真図鑑のようにきれいに撮ることはあきらめ、「観察」にこだわった写真を並べようとしています。

◇◇ 記事と関係のないコメントおよびトラックバックは削除します◇◇
また、一度承認したコメントであっても、後日予告なく削除する場合があります。ご了承ください。
zoom RSS

自然の造形物

2017/09/24 05:15
なんか、ホッとするかたち……

画像





   ハグロハバチの幼虫でした。








記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


うつろいゆく秋

2017/09/22 08:00
この植物をずっとタンキリマメだと思っていました。
きっと誰かに聞いて、名前の面白さで頭に残っていたんだと思います。

画像

画像


   調べてみたら、良く似たトキリマメという名でした。葉の形が違うので、区別できます。
   タンキリマメの葉は、クズの葉を小さくしたようで、
   トキリマメの葉は、先がとがっています。

   秋が深まるにつれて、豆の莢が赤くなります。
画像


   莢が割れると、中からつやつやした黒い実が顔をのぞかせます。








記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


ノスリ 初認

2017/09/20 06:00
(自分の中での)初認は昨日、9月19日でした。
と言っても、久しぶりの鳥見だったので、「初認」も何もあったものではありませんね(T_T)/~~~

最近は夏なのに姿を見ることがあるので、山に行かずにそのまま越夏した個体なのかもしれません。

画像


   久しぶりに望遠で野鳥を撮ったけど、腕が鈍ったなぁ……。
記事へトラックバック / コメント


ショウドウツバメ

2017/09/19 20:15
今季は数が多いという話で探してみたら5、60羽まとまっていたツバメのうち、
ほとんどがショウドウツバメでした。

画像

画像



画像





記事へトラックバック / コメント


爺さんのソバカス

2017/09/19 08:15
花の大きさがひとまわり小さいバアソブ(お婆さんのソバカスという意味らしい)というのもあるようですが、そちらの花期は8月。なので、この時期に咲くのははジイソブ(お爺さんのソバカス)とも呼ばれるツルニンジン。
根が高麗人参に似ていることから、この名がつけられているようです。

画像

画像


   その蕾。
画像


   ツルニンジンに出合ったのも、ここに登場するのも2度目で、
   けっこう珍しい部類に入るのではないでしょうか。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


秋の点景

2017/09/17 09:30
おー、もう稲刈りかと思ったのは8月の下旬。
それがもうほとんどの田んぼで稲刈りが終わってしまいました。

画像

   そうですよね。もうすぐお彼岸ですから。
画像
画像

   ススキの穂が出て、
画像

   スズメウリの実が生り、  
画像

   クマノミズキの実が熟し始め、(ミズキは葉が互生)
画像

   ヤブミョウガの実が熟し、
画像

   ツリバナの実が割れて種が顔を出し、
画像
画像
   葉の上にはキバラヘリカメムシ。


   台風18号の進路が気になります。











記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


花粉症

2017/09/14 21:00
春先のスギ花粉の飛散時期には悲惨な症状になる方も多いと思います。
私は30年来のスギ花粉症ですが、鼻が詰まって眠れないなどの症状はほとんど無くなりました。加齢でアレルギー反応が鈍くなってきたのかもしれません。アレルギー反応のパッチテストを受けたときは、アレルゲンはスギとカモガヤと言われました。カモガヤの花粉の飛散時期は終盤のはずですが、ここ1週間ほどひどく目が痒くて……。
ひょっとしたらブタクサやヨモギ、カナムグラなどに反応しているのかもしれません。

   蔓に細かなトゲがあるカナムグラは、これからが花盛り。雌雄異株。
画像
   雄花を揺らしてみたら……白い粉末が花粉です。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


孤独

2017/09/11 21:00
日陰の林縁で、ひときわ目立つ白。シロヒトリ。
ひとりと言っても「一人」ではなく、「灯取り」なので、孤独が好きなわけではありません。

画像


画像


画像


画像
   赤がアクセントになっていて、オシャレですね〜。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


【この瞬間】 モンキチョウ

2017/09/08 19:00
こんな瞬間が、たまたま撮れました。

画像



記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


忍者のごとし チャイロアサヒハエトリ 

2017/09/04 09:00
小さいハエトリグモの撮影には、Olympusのコンデジ(この時はTG-3。今はTG-5)を使っています。

この日は、チャイロアサヒハエトリ♀に出合い、至近距離からの撮影でした。

画像

画像

画像



画像
   上方に視線をやって身構えると、たいていジャンプします。

   視界から消えてしまったときは……。
画像
    ”武器”を奪われてしまったので、やむなくマクロ100のPENTAXでその様子を。












記事へ面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


首の皮1枚

2017/09/02 09:00
わずかなところでまだつながっていることから、可能性がわずかでも残っていることを言いますが、考えてみたら、皮一枚でつながっているっていう状態は、生きてはいけない残酷なシーンですよね。

これはコチャバネセセリという蝶の巣。ササ類の葉を食べた残りの中脈だけを残して、葉先を丸めて巣を作ります。
画像

中脈1本でつながっているという面白い形をしているので、見つけやすい巣です。最後は中脈を切り落として蛹化するのだそうです。


中に頭が黒い幼虫がいます。
画像


画像


セセリチョウの仲間はどれも同じようで、まだ識別できません(T_T)/~~~ 
ですから「これが親」という画像はありません。






記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


眼がステキ

2017/09/01 19:30
「眼がステキ」なんて、一度でいいから言われてみたいものですね。

画像


   何アブなのかわかりませんが……。


記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


え〜ぃ、放せったら放せよ〜

2017/08/31 17:00

前脚の付け根の色を確認しようと捕まえたら、暴れること暴れること!

画像

   オオカマキリでした。



記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


フレキシブル

2017/08/30 06:00
生き方がこうもフレキシブルだと、良いのですが。

画像


   イチモンジセセリの口吻って、直角に曲がるんですね。ちょっとビックリ。


記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


にじり寄る

2017/08/29 09:40
  イチモンジセセリにロックオン! 
画像


画像

  にじり寄っていったのですが……。

  「そんなことは先刻承知」とカマキリをあざ笑うように、頭上にとまり直したイチモンジセセリでした。
画像





記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


じっと待つ

2017/08/28 08:00
  オオカマキリがじっと獲物を狙っていました。
画像


  狙われていたのは……。
画像


画像

  そう簡単には捕まえられず、しばらく経ってから見ても、まだ待ち続けていました。
画像




記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


ヤマトシジミ 産卵

2017/08/26 17:07
カタバミが群生している場所でヤマトシジミが飛び回っていたので、産卵シーンが撮れるかと、しゃがみこんでじっと待ってみました。

画像


画像


画像


  幼虫を探すには、ちと暑すぎました。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アカボシゴマダラ ようちゅうい幼虫

2017/08/23 21:08
アカボシゴマダラの記事が続きますが、1齢幼虫がいたので……。

画像


画像


画像


  終齢に近いのと比べると……。
画像


  ちょっと探しただけでも、20匹以上簡単に見つけられたので、この増え方は要注意ですね。








記事へトラックバック 0 / コメント 2


アカボシゴマダラ *要注意外来生物

2017/08/05 17:30
要注意外来生物に指定されているアカボシゴマダラ。
昨シーズンはシーズン中に何度か出合ったという程度でしたが、今シーズンは「爆発的に増えた」という印象があります。

   7月4日撮影。
画像
  いつもの散歩コースに生えているエノキの若木を丹念に探したら、ぐるっと回る間に、10匹もの幼虫が見つかりました。


   それが今、一斉に羽化して飛び回っています。
画像
   連日、何頭かに必ず出合います。

画像


画像


   エノキの葉の表面に産み付けられた卵。
画像


   こちらはもうすぐ孵化しそうな卵(8月5日撮影)
画像


   幼虫もいました。(私の左手の親指と一緒に) 
画像
   尻尾の先が開いているので、これはゴマダラチョウの幼虫かも。
  
アカボシゴマダラの成虫は年に3、4回出現するらしく、オオムラサキは年1回、ゴマダラチョウは年2回ですから、増えるスピードが違います。交雑の可能性は低いようですが、幼虫期に同じエノキを食樹にするオオムラサキ、ゴマダラチョウ、テングチョウなどと競合することになります。




記事へトラックバック / コメント


アズマヒキガエル

2017/08/03 17:00
昔は家の庭の植木鉢を持ち上げると必ずいたように思うのですが、最近は激減していて千葉県レッドデータでは「C」ランクになっています。

画像


画像


   この子はじっとして、モデルになってくれました。





記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

メンバラ&身近な自然/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる