テーマ:蜘蛛

メスジロハエトリ♀ 

生きものの姿がめっきり減ってしまった林縁を歩いていたら、白くて目立つハエトリグモを見つけました。   メスジロハエトリの♀!! 以前、♂を見つけたことがありましたが、♀は初見でした。   眼にLEDライトガイド の光が写りこんでいます。   自分の体長の10倍以上を一気に跳ぶ跳躍力は、ほかのハエトリグモに比べて一段…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤマジハエトリ♀ 深度合成

ピョンピョンと飛んで逃げるときもあるけれど、じっとして撮影に協力してくれることもある、なかなか良い被写体なのがヤマジハエトリ。   この日は♀がいました。   いずれもOlympus TG-3 深度合成モードで撮影。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

初見 ヤマジハエトリ

林縁の落ち葉が積もったところに、見たことがない地味なハエトリグモがいました。   ぴょんぴょんと飛び移るので、じっとしたときを狙って……。   ヤマジハエトリの♂のようです。   翌日、♀を見つけました。   とりあえず1枚だけ貼っておきます。   散歩の人がたまに通る道端で、這いつくばって撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉上の生存競争 *ネコハエトリ♀

小さな対象物を探してばかりいるので、目的とは違っていても目に付きやすいのかもしれません。   動くカタマリに目がとまりました。   ネコハエトリが別のクモを捕まえていたのが、ひとつのカタマリに見えたんですね。   捕まっているのはハナグモ? ちょっと違うようですが……。   カメラがOlympusTG-3 だったから…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オスクロハエトリ♂

先日登場したヤハズハエトリと同様、水辺のアシなどで見られます。   この日は♂しか見つけられませんでした。           アシの葉を丸めた筒状住居にお住まいでした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こんなに脚が長いと…… *チャイロアサヒハエトリ♂*

ハエトリグモの仲間は、その姿を見ただけでだいたいハエトリグモとわかります。 雌雄によっては、模様がかなり違うものがいますが、全体的な印象で、まあハエトリグモの仲間だとわかります。ところがハエトリグモの♂の中に、ハエトリグモのプロポーションの範疇から外れるものがいくつかいます。   この日、林縁で見つけたのは……。   チャイロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アリグモの住居

林縁を歩いていたら、ホトトギスの葉にアリグモ♀がいました。   白い綿のように見えるところに入っていきました。   こんな住居を作るんですね。 後日、この巣を探しても見つからず……それもそのはず、巣を構えていたのはドクダミではなく、ホトトギスの葉でしたので、訂正しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アズマキシダグモ 卵のうを運ぶ

蜘蛛は種類が多くて"(-""-)" と、ハエトリグモは撮るけれど、他のクモにレンズを向けることがあまりありません。   この日、樹上に白っぽい卵のうの隣に、よく見かけるクモが……。   アズマキシダグモの「基本形」と呼ばれるものだと思います。   卵のうは糸で葉にとめてあるようです。 卵のうを持ち運ぶクモがいますが、どう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

葉の上の争い ヤサアリグモ

1本のドクダミに、たまたま居合わせてしまったヤサアリグモの♂2匹。   互いを牽制するように歩き回っていましたが、決戦の場は同じ葉の上でということに。   ふだんは大きなハサミは開いていません。   それが対峙すると……。   葉の裏に回ったり、茎に移動したりと延々と続いたのですが、ハサミを開いて尾を振り上げ、いかに自…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

松葉のような…… *オナガグモ

クモの糸に松葉がひっかかっているような……。   息を吹きかけたら、動いた!   そしてまた元の松葉に……   オナガグモでした。   この林縁にはクロコノマチョウもいました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クモ 3種

まずは家の中にいたアリグモ。   ヤサアリグモ♂の未成熟個体かな?? アリグモの仲間を家の中で見たのは初めてでした。   花のてっぺんで待ち構えていたのはハナグモ。        葦にいたのはオスクロハエトリ。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イソハエトリ

今年もコアジサシ繁殖のための保護柵設置作業のお手伝いに行ってきました。 作業開始の小一時間前に現地に到着して、シギチが来ていないかを確認しようと……。 ……シギ類もシロチドリの姿は全く無く、 積まれたブロックの間でイソハエトリを探しました。   以下からは別個体。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キビタキ

鳴き声は数日前から確認していたのですが、姿はなかなか見つけられませんでした。 そろそろお昼にしようと、野外に設置されたテーブルにカメラを置いて手を洗って戻ってきたら、イスの上にアオオビハエトリがいました(^o^) TG-3を取り出して……。 蜘蛛を撮っている時に、奥の林の方からキビタキの鳴き声が聞こえたような気がして、手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

啓蟄が過ぎ

ビロ-ドツリアブがそろそろ姿を見せるのではないかと、谷津田に探していくと、水が溜まった田圃にアカガエルとアズマヒキガエルの卵があり、アカガエルはオタマジャクシが誕生しているものもありました。   アカガエルの卵塊。   アズマヒキガエルの卵。   アカガエルのオタマジャクシ。   残念ながらビロードツリアブの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本来は屋内性 ミスジハエトリ

アダンソンハエトリとの勢力争いで、本来は屋内に棲んでいたものが、野外に追い出されたといわれるミスジハエトリ。   この日、我が家の玄関ドアの外側に♂がいました。ダブルクリックで大きくなります。   室内に入りたくて、訪問してきたのか……。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きれいだなぁ~

ガやクモでも、良く見るときれいだなぁ~と、思わず見とれてしまうものがいます。   この日、足が止まったのは、道のすぐ脇にとまっていた蛾。   似たものがいくつかいますが、ウスキツバメエダシャクという名前のようです。 3枚ほど撮った所で、飛び立たれてしまいました。 ガは葉の裏に身を隠していることが多く、全身を露わにしている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジョロウグモの交接

ネットでジョロウグモの交接を検索していたら、♀が脱皮して成体になった直後が交接のチャンスだという記事がありました。♂は♀が成熟するのを待っているんですね。   この日、ひとつのクモの巣に3匹(♀2匹、♂1匹)いたので、   「三つ巴」かと思って撮り始めたら、♀2匹ではなく、ひとつは♀の脱皮殻でした。   ということは、♀が成体…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

顔がいくつもあるみたい ヤマシロオニグモ♀

ねずみ男に良く似ていると紹介したことがあるヤマシロオニグモの♂ →こちら ですが、 ♀は顔がいくつもあるように見えます。   顔といっても、ホントの顔ではなく、腹部の模様なんですけど……。   座禅を組んで、手を高く上げて祈っているように見えます。   このクモは色や紋の変異が多いようですが、茶色型の♀しか見たことがありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獲物(3) ナガコガネグモ

クズが生い茂っている場所に、ナガコガネグモが巣を構えていました。 草むらを歩き回っている間に飛び出したアマガエルが、運悪く巣にかかってしまいました。   獲物にしては超重量級ですが、巣が壊れることはありません。   すかさず近づくと、お尻から糸を出して獲物をからげ始めました。   アマガエルはなす術なく絡め取られてしまい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

獲物(1) マミジロハエトリ♀

マミジロハエトリ♀がツマグロオオヨコバイの幼虫を捕まえていました。   首根っこをガッチリと捕まえ、これでは身動きが出来ないだろうと思っていました。   ところが、牙を立てられないので作戦を変更しようと思ったのか……。   離れた間に、オオツマグロヨコバイの幼虫はピンと跳ねて姿を消してしまいました。   ダメージは受けて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オオトリノフンダマシ

種類があまりにも多い蜘蛛は、ハエトリグモを主体に撮影していますが、例外もあります。   ナゲナワグモ科の○○トリノフンダマシを見つけると、嬉しくなります。   これはオオトリノフンダマシの♀。3枚とも大きなサイズで載せています。   昨季は「卵のう」までは見つけられたので、今季はぜひとも♂を見つけたいものです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

居候も3年目

他の蜘蛛の巣に居候して、ちゃっかりおすそ分けに預かっているシロカネイソウロウグモを初めて見たのが2012年でした。  → こちら  あれから3年も経つんですね。   蜘蛛の巣にかかった獲物にアシナガバチが来ていました。   内臓ストロボで撮っていますが、白矢印のところが白く光っています。   形がちょっと分かるようになってきて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

弱肉強食 

クモの仲間はあまりに種類が多いので、ハエトリグモの仲間を集中的に撮るようにしています。この日、ハエトリグモの仲間が狭いエリアに何種類かいるという特異な場所がありました。   2匹のクモが対峙していました。   左にいるのはワカバグモでしょうか、右はカラスハエトリ♀。   争いが起きることを予測し、チャンスを逃さないようにしよう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イソハエトリ♀

イソハエトリ狙いで海岸に行く事がなく、行った「ついで」に撮ろうと思っていても、シギやチドリが現われると、すっかり忘れてしまって撮り忘れてしまう……そんな繰り返しでしたが、ようやくお目にかかれました。   前中眼に私が写ってました。   照り付ける太陽の下では、♂を探す気力が消失してしまいました(^_^;)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最も太っている

図鑑には「体型はハエトリグモの中で最も太っている」と解説されている、カラスハエトリ。 前に「黒けりゃカラスか」と、♂を紹介したことがありました。自分で付けたタイトルを覚えていることはほとんどないのですが、このタイトルだけは良く覚えています。自分の記事を検索してみると、その記事は2010年の6月……ですから5年以上も前のことでした。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自撮り

自撮り棒というものが施設内では使用禁止というところがでてきました。また、自撮り棒に落雷して亡くなったというニュースが流れました。 このところ小さいものばかりを撮っているメンバラですが、意外なところで自撮りを……。   とんでもなく小さくて、ピンボケもはなはだしいですが、私の姿です。      実は今回の主役はハエトリグモ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

先月見たハエトリグモの仲間

クモはあまりに種類が多く、興味がまったく湧かない姿かたちのものもいるので、身近な存在のハエトリグモの仲間に絞っています。   枯れた葦にいたのは、マミジロハエトリ♀。   当地で良く見られるハエトリグモの仲間のひとつです。   葉の上にいたヒメカラスハエトリ♀。5/17撮影。   ヤジマハエトリ♂。5/1撮影。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤガタアリグモ♀

ヤガタアリグモの♀がここに登場するのは、2度目です。 2013年10月に♂ 、2014年7月に♀を、いずれも自宅の庭で見つけたものでした。   今回も自宅の庭で見つけました。キュウリの葉にいました。   世代交代が庭で行われているというのは、感慨深いものがあります。   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回顧 最初のバードウォッチング

今日はいつもとは趣向を変えて、昔の話を思い出すままに……。 社会人になってすぐ、同僚と一緒に夜行列車に乗って伊豆沼にハクチョウを見に行ったことがありました。それまでは、湖や池にいるハクチョウ(コブハクチョウだったんだと思います)は見たことがあっても、空を飛ぶハクチョウを見たのは初めてでした。 その頃はカメラに興味があり、同僚のお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more