地元のベニマシコ

地元で撮れるのがイチバン。

遠いなぁと思いながら撮っていました。

ベニマシコ 1140821.jpg
ベニマシコ 1140830.jpg


しばらくすると、近くの梅の木に飛んできてくれました。

ベニマシコ♀ 1141470.jpg
ベニマシコ 1141726.jpg

4羽のうちの3羽。
ベニマシコ 1141690.jpg

ベニマシコ 1141805.jpg

ベニマシコ 若♂ 1141568.jpg

鳴き声から遠くにいるように思えても、思いのほか近くにいたりもします。







庭に来るジョウビタキ♂

このところ、連日のように庭にやって来るようになったジョウビタキ♂。

ジョウビタキ 1090863.jpg

ジョウビタキM 1091192.JPG

ジョウビタキ 1090860.jpg


ジョウビタキ 1090939.jpg

喜んでばかりはいられないのが、一昨日、道路を挟んだお宅の庭木にとまっていたツミ。

今朝は犬の散歩中、道路に降りているのを見ました。当地では留鳥なのかも。

住宅地の方が、小鳥類を捕まえやすいことを学習したのかな。




遠いアカゲラ

ひと声鳴いたので、探すことしばし。

いました。

アカゲラ 1070069.jpg

枝が邪魔して、なかなか姿が捉えられません。


ラッキー、枯れ枝にとまってくれました。
アカゲラ 1070318.jpg

アカゲラ 1070303.jpg

アカゲラ 1070342.jpg

おっ、飛ぶか?

アカゲラ 1070343.jpg

羽根を広げて飛び立つ姿をイメージしていたのですが、

残念ながら、落ちるように下向きに飛んでしまいました。





隣市の公園にやって来た

ここ数年、冬になるとどこかしらの公園に姿を見せますが、見てみたいとは思うものの、他県にまで足を運んだことはありませんでした。
それが近くのC市に来てくれたのですから、見に行かない手はありません。

とはいっても、広~い公園のどこにいるのか……
最初に見たブロブの文面から推理して、見当をつけた場所を目指して歩いていたら、見つけました(^^♪ 

ニシオジロビタキ 230448.jpg

ニシオジロビタキ 232632.jpg

ニシオジロビタキ 232583.jpg

ニシオジロビタキ 232647.jpg

ニシオジロビタキ、いや~カワイイですね。


ルリビタキ

今季、まだ「青い鳥」には出合えていませんが、鳴き声で気が付いた2か所で撮影できました。
私にとっての初認日は11月24日でした。


ルリ 250078.jpg


別の場所では、興味を持たれたのか、目の前に現れました。

ルリビタキ 050136.jpg

ルリビタキ 050194.jpg

ルリビタキ 050115.jpg



凄惨な事件現場 

そろそろ引き上げようと駐車場に向かって歩いていると、前方の木立から飛び立つ大型の鳥。
後ろ姿しか見えず、それもすぐに枝にさえぎられて見えなくなってしまいました。一瞬のことでした。
飛んでいった方角をしばらく双眼鏡を使って探しても、枝には止まらずに、そのまま飛び去ってしまったようでした。

今のは何だったんだろうなぁ、猛禽だよなぁ。オオタカだったかもしれないと、ふたたび歩き始めようとすると、前方の地面が白っぽく見えて……

近寄ってみると、羽毛が散らばっていました。

事件現場 210046.jpg





なまなましい血痕も……。犠牲者は?

事件現場 210043.jpg


「現場」に風切り羽根は落ちていなかったので、捕まえた場所は別で、ここに運んできて食事中だったようです。

このような場合、獲物を置き去りにして飛び去ってしまうことも多いのですが、
今回は獲物を持ち去ったので、猛禽にとっては良かったかなと……。






メヒシバに跳びついて種子を食べるホオジロ

こういうシーンに遭遇すると、たまらなく嬉しくなります。

狙いを定めて、跳びつきます。以下は、ほぼ連続するコマです。
ホオジロ 010103.jpg
ホオジロ 010127.jpg
ホオジロ 010128.jpg
ホオジロ 010129.jpg
ホオジロ 010130.jpg
ホオジロ 010131.jpg
ホオジロ 010163.jpg



再度、チャレンジ。
ホオジロ 010184.jpg
ホオジロ 010187.jpg
ホオジロ 010188.jpg

嬉しがって撮った割には、クッキリ・ハッキリ撮れていないので、何をどうしているのかが分かりにくいかもしれません(>_<)

羽ばたかずにジャンプしているので、「飛ぶ」から「跳ぶ」に表記を変更しました。



猛禽類の季節到来

年のめぐりが年々速くなっていきます。
今年も残り少なくなり、猛禽類の季節がやってきました。

魚を捕まえてきたミサゴ
ミサゴ 011056.jpg
ミサゴ 011104.jpg

ミサゴ 011095.jpg
ミサゴ 011093.jpg



道路上のノスリ
ノスリ 312612.jpg


電柱にとまるチョウゲンボウ
チョウゲンボウ 011215.jpg


田んぼの畦にいたコチョウゲンボウ
コチョウゲンボウ 312427.jpg


陽炎でゆらめくチュウヒ
チュウヒ 010089.jpg


あとはハヤブサとオオタカが出てくれたら、ここでの猛禽は勢ぞろいするところでした。





ジョウビタキ、マヒワ 到着

10月下旬に入ると、例年、ジョウビタキが庭にやってきます。
今年も今朝(10/23)我が家のはす向かいの空き地で鳴いている姿を確認しました。
撮影できるのは、もう少し先、落ち着いてからになるでしょう。

テニスの練習に行った公園では、マヒワの群れが舞っていました。20日ごろには来ていたようです。

今年は台風の直撃で、この時期に食べるアキニレの種が飛んでしまったのではと心配していましたが、たくさん実をつけている木もあって、むさぼるように食べていました。

マヒワ 232515.JPG

マヒワ 232422.jpg

マヒワ 232340.jpg

マヒワ 232161.jpg

マヒワ 232381.jpg

マヒワ 232486.jpg




ノビタキの季節

先週から近所を探したのですが、まったく見つからないので、北印旛沼まで足を延ばしてみました。

すると、狭いエリアに3羽のノビタキがいました。

ノビタキ 9280581.jpg

3羽別々に撮りたかったけれど、あちこち飛ぶので、どれがどれやら……

ノビタキ 9280761.jpg

ノビタキ 9280640.jpg

ノビタキ 9280675.jpg
ノビタキ 9280724.jpg


こんなにいるのだったらと、過去にいた場所を巡ってみたけれど、どこもゼロでした(T_T)/~~~
ついでに帰りがけに近所も探したけれど、いたのはモズばかりでした。




ツツドリ

台風15号の暴風で、あちこちの大木が根こそぎひっくり返ったり、途中からポッキリ折れたりと、もうすぐ2週間になるのに、未だに爪痕が残っている千葉県です。

いつもだったら、桜の葉を食べてフンを落とすモンクロシャチホコの幼虫をせっせと食べてくれるツツドリがやってくるのですが……。
フンが落ちて道路を赤茶色に汚らしく染めている桜がほとんど無く、幼虫も暴風で飛ばされてしまったのかと心配になります。

以前に一度だけツツドリを撮影したことがある公園を歩いていたら、飛び去ったのはどうやらツツドリらしいという気がして、
翌日同じ場所に行ってみたら、ツツドリがいました(^^♪

枝の間から、かろうじて……。
ツツドリ 9200038.jpg

公園なので、けっこう頻繁に散歩の人が通るので、すぐに逃げていってしまいます。
桜もそう高く伸びているわけではないので、致し方ありません。

それでもしばらくすると、頭上に飛んできました。
ツツドリ 9200559.jpg
わずか数枚撮れただけで、離れた木に飛んで行ってしまいました。


待ってみるものですね。また頭上に飛んできてくれました。
ツツドリ 9200659.jpg
いないと思っていたモンクロシャチホコの幼虫を見つけて、食べていました。
ツツドリ 9201767-tr.jpg

ツツドリ 9201022.jpg




黄色いスズメ

台風15号がほとんど真上を通過していきました。
すさまじい風と雨で、生きた心地がしませんでした。我が家の損傷は軽微でしたが、市内あちこちで停電と断水。
丸一日経っても復旧せず、この暑さで停電と断水は命にかかわります。


で、黄色いスズメ。黄色い鳥のスズメを見つけたわけではありません。


今年も玄関脇にコロコロしたものが落ちていて、さては……と、柱に絡みついているヤマイモを探すと……

キイロスズメ 9100002.jpg

いたいた。茶色いタイプ。ヤマイモの葉を食べるキイロスズメというスズメガの仲間。

キイロスズメ 9100003.jpg
全身をフレームに入れようとしていたら……

隣の葉っぱに! せっかくなので葉を動かして記念撮影。
キイロスズメ 9100017.jpg

茶色と緑のタイプが揃ったと思ったのですが、どうやら脱皮したばかりの様子。
キイロスズメ 9100024.jpgキイロスズメ 9100008.jpg

玄関脇なので、毎朝〇〇を片付けるのも煩わしいので、庭木にからんでいるヤマイモに強制移住させることに。
キイロスズメ 9100068.jpg

大きい茶色の方を掴もうとすると、身を持ち上げて威嚇のポーズ。

掴んでみたプニプニ感に、思わず手を引っ込めてしまいました。
子どものころは、平気で掴んでいたのになぁ。

やむなく枝につかまらせてのお引越し。
キイロスズメ 9100032.jpg

キイロスズメ 9100038.jpgキイロスズメ 9100045.jpg

キイロスズメ 9100026.jpg


緑色タイプと即断したのは、脱皮したてだったから色が薄くてそう思ってしまったのかも。

翌朝確認したところ、茶色になっていました。

脱皮殻はそのままにしてきてしまったけれど、食べたりするんだったのかなぁ。




セミヤドリガ

Facebookに載せたセミヤドリガの幼虫と、その後、蛹化して羽化までの姿をまとめました。

8月19日、セミヤドリガの幼虫に取り付かれたヒグラシを撮影しました。

セミヤドリガ 8190075.jpg

白く目立って見えるようになるのは5齢幼虫で、やがて糸を吐きながらセミの腹部から脱落して、繭になるための場所を探すのだそうです。セミは死んでしまうわけではないようです。セミと言ってもそのほとんどがヒグラシの♀というのも不思議ですし、そもそもどうやってヒグラシに取りつくのかも不思議です。興味が湧いた方は、まずWikipediaの記事(https://ja.wikipedia.org/wiki/セミヤドリガ)をご覧ください。

その5日後、林を歩いているときに、上から糸でぶら下がっている白い物体を見つけ、これって、蛹化するためにセミの体から離れて、どこかにくっつこうとしている幼虫そのものでは? というラッキーな出合いがありました。

セミヤドリガ幼虫8240022.JPG

その時は近くにくっつく幹もないので、杉の樹皮に引っ掛けておきました。

セミヤドリガ幼虫8240006.JPG
セミヤドリガ幼虫8240026.JPG
セミヤドリガ幼虫 8240015-tr.jpg

その状態で観察するつもりでしたが、気になって、翌日には樹皮をはがして家に持ち帰り、飼育ケースに入れておいたのです。
ネット上には蛹化後、1週間ほどで羽化するという書き込みがありましたが、室内に置いて、蛹化後15日目に羽化しました。

羽化した後のカラになった蛹
P9080057.JPG


セミヤドリガ 9080013.jpg

セミヤドリガ 9080001.jpg

成虫は地味だけど、光の加減によってはかなりきれい。

セミヤドリガ 9080028.jpg

この幼虫、これまでに何度か見たことはありましたが、何だか分からず、調べもしませんでした。

ようやく幼虫から親の姿まで、1本の糸でつながりました(^^♪