サシバ 採餌

このところ、連日、サシバを狙っています。
サシバはサシバで、違うものを狙っています。


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像
  ここまでは連続するコマ。


  一旦、フレームから姿を消して(見失って)しまいました。


画像


画像


  捕まえた何か(小さなもの)を食べたようです。
画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像




  飛び出し、飛び立ちの方向が、撮影者の私から見て、平行にならないと、
  マニュアルでピントを合わせようとするのは、到底ムリなので、
  この時は、ほぼ理想のコースを飛んでくれたと言えます。











まだいた ベニマシコ

サシバが飛ぶのを待っていたら、ベニマシコの鳴き声が……。

あれっ? まだ居たのかなと、声が聞こえたあたりを眺めると、茂みの中で動く姿がありました。

画像



  やがて2か所から声が聞こえるようになり、

画像



  気付けばいつの間にか、3羽に!

画像



  うれしい誤算でした(^^♪



サシバ 三昧

連日、サシバを撮る日々です。

画像


画像


画像


画像


  サシバばかりを撮っているわけではなく……


  ビロードツリアブのホバリングを、マニュアルで撮ることにも挑戦しています。

  咲いている花のところでは容易に撮れますが、そうでない場所で撮るには根気が必要です。
 
画像




キジのほろうち

狙うサシバがなかなか飛んでくれないと、手持無沙汰になり、近くでケンケーンと鳴かれると、ついレンズを向けてしまいます。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


動画でも撮ってやろうと、バッテリーを無駄に消費したために、
前記事のサシバの繁殖行動を撮影途中で、バッテリー切れになってしまったのです(T_T)/~~~





サシバ 繁殖行動

3月27日に飛来を確認してからの数日は、冬を思わせる陽射しのない寒い日が続き、真冬の服装で撮影に臨みましたが、芳しくなく、30日にちょっと、31日の午後になってようやくという感じでした。

  新元号「令和」の発表を移動先の公園駐車場で見て、
  ここもダメかと帰途につこうと車を走らせていると、
  脇の田んぼの電信柱に猛禽が止まっているのに気が付きました。

  私よりも早く気づいたカラスが飛んできて……

画像


  あっ、サシバだ! と思った次の瞬間、カラスがちょっかいを出したので、

  サシバは飛んで行ってしまいました。

画像


  遠くまでは飛ばず、200メートルほど離れたあたりにとまったようなので、

  あわてて三脚にカメラをセットし、担いで近づいてみると……

画像
  電柱にとまっていました。

  直線的に近寄れる道がないので、三脚を担いで歩きました。

画像


画像


  電柱から電線へ……。また三脚担いでトコトコトコ。

画像
  また電柱へ……。車からは300メートル以上離れてしまいました。

  これは♀かなと、撮っていたら、
  画面にもう1羽がフレームインしてきたので、ビックリ!

画像
  フレームインしてきたのは♂。

  しかし、光の加減が良くない位置(T_T) なかなかないチャンスなので、
  そのまま撮影を続けました。

画像


画像


画像



画像



画像



画像



70枚ほど連写していたら、バッテリーホルダーを付けているのに、
 「バッテリーの残量がありません」という表示。
 朝一番でキジ♂のほろうちの動画などを撮っていたせいでした(T_T)/~~~

 ならば、肩から下げている400㎜の望遠を付けたカメラに持ち替えて撮ろうとしたら、
 あらら、なんということか、肩から下げていたのは双眼鏡(-_-;)


 カメラも予備バッテリーも、数百メートル離れた車の中……というので、切り上げました。



 ♂が現れた時点で、順光側にすばやく移動すべきでした。
 でも、ぐるっと回らなければならなかったので、
 その手間を惜しんだら、情けないものになってしまいました。














サシバ

3月27日に初認だったサシバですが、その後は真冬並みの寒さに震えながら、その姿を探しましたが、数えるほどしか出合えず、それも突然現れて飛び去って行くパターンで、まともに撮れませんでした。

ようやく気温が上がって、結構飛んでくれるようになりました。


画像



画像



画像

  トリミングするとわかりませんが、これは結構ギリギリでフレームに入ったもので、
  ノートリは下の画像です。

画像



 もう1枚。

画像


PROMINAR500+OlympusOM-D EM1 マニュアル撮影 
下の2枚は内蔵されているデジタルテレコンを使用している時で、
よくぞフレームに入れられたものだと、大満足(^^♪












サシバ初認

昨日、仲間とテニスをしていたら、頭上でサシバの鳴き声が聞こえてきました。

球出しの手を止めて上空を見上げると、高い所を1羽のサシバが舞っていました(^^♪


帰り道、開けた場所に行ってみたら、2羽で舞う姿がありました。

画像



画像
  高い所を飛んだので、ピントが……(T_T)/~~~

  今年も3月下旬に来てくれました。









春の訪れ ビロードツリアブ

ソメイヨシノの開花に先駆けて、ウグイスの初鳴き、春蘭の開花、蕗の薹、土筆などが春を感じさせますが、私が一番に挙げたいのは、ビロードツリアブです。


  今年もようやく合えました。
画像


  数日前から使い始めたライカの100-400㎜という望遠レンズで撮ってみました。
  このところ日常使いをしているOlympus OM-D EM-1のカメラと組み合わせると、
  35㎜換算で800㎜の超望遠になるにもかかわらず、楽々手持ちで撮れます。

画像
 

  ただし、撮像素子はフルサイズに比べて半分しかありません。

  画質が悪くなるかというと、ブログやFacebookにアップするぐらいなら十分です。
  載せた画像は400㎜で撮影し、トリミングしてあります。

画像


画像


  まだ出現個体が少なくて、おそらく同一個体と思われます。
  複眼がくっついているので♂ですね。








谷津ではアカガエル 森ではタゴガエル

啓蟄を過ぎましたが、まだ昆虫の姿はほとんど見ません。
でも、カエルたちは産卵期を迎えて、寒いのに活動中です。

画像
  雨が少なかった2月21日撮影。水が干上がりかけていたので心配でした。

  別の場所も、わずかに残る水面があるばかり。2月25日撮影。
画像


  その後、恵みの雨が降ったので、よかった~。


  一方、森では……

  タゴガエルの観察。
画像
  包接しているペアを観察することが得来ました。
  アカガエルと似ていますが、これはタゴガエル。




重ね着が これまでとは

公園を歩いていたら、目の前の木にスズメが数羽。
普通だったら逃げ出す距離なのに、暖かな陽射しでボーッとしているのか、レンズを向けても逃げ出そうとはしませんでした。

画像



  無防備に背を向けて……。

画像



  まうしろからの姿を撮ったことはないので……。

画像




もうちょい下から……。

画像



  ダウンの重ね着は、けっこうあったかそう……。





6年前と同じで 進歩なし

谷津田に降りようとしたときに、上空を舞う猛禽類を見つけました。

画像



  なんだ、なんだとフレームに入れようとするけれど、ピントが合わない(T_T)
  1枚目を切り取り拡大。
画像



画像
 



画像
 


木々の枝が邪魔しているので、開けた場所に移動した時には、飛び去ってしまった後でした。


撮影画像からハイタカのように思え、オオタカかもしれないし、居残りのツミの可能性も……

相変わらずの不鮮明画像に、あーでもない、こーでもない……


翼先分離の数からすると、見た目は5つなので、ツミのようでもありましたが、翼先に注目すると、湾曲していて見間違うことがあるので根元近くを見ないといけないようで、これは6枚。あとは頭とか尾羽の形が識別点になると、識者が見てくださって、ハイタカということになりました。



これって、「入門編 *飛翔猛禽の同定*」(2012年12月)に書いたのと、
まったく同じことの繰り返しではないか……(T_T)/~~~  

6年前と知識・経験が変わっていない=進歩がない ということになりますね。


これもセグロセキレイ

田んぼにいたセキレイ。
セグロセキレイなのか、ハクセキレイなのか……ふつうなら一見したら区別が出来ますが、それが典型的な姿ではないので悩んでしまいました。


  その姿というのが、これです。
画像


  セグロセキレイと言えば、こんな顔つきです。
画像




  〇〇ハクセキレイといった類なのかと思ってしまいました。
  悩む元となった画像がジャスピンではないので、日を改めて撮り直しました。

画像


画像


画像



  最初に撮った個体と同一だと断言は出来ませんが、
  セグロセキレイの羽色のバリエーションには、いくつもあるようで、論文も出ています。

  鳴き声はセグロセキレイの声でした。









 

フクロウがいた!

市内の林縁を歩いていたら、頭上の枝から飛び立った猛禽が、休耕田を飛び越えて向かい側の林に飛び込みました。うしろ姿を見て、フクロウだと確信しました。


  というのも、昨年末にも市内でフクロウに遭遇し、
  その後姿を目に焼き付けていたからでした。


画像


  見える所にとまって! という願いが届いたのか、
  かろうじて見える所にとまってくれました。

画像


  ちょっと目を離すと、どこだかわからなくなる奥まった場所で、
  手前の蔓が邪魔(T_T)


  立ち位置を変えると、今度は手前の枝が邪魔(T_T)

画像



  良く見える位置があるかと行きつ戻りつしている間に、
  姿が見えなくなってしまいました(T_T)/~~~




  昨年末に見た、市内の別な場所のフクロウ。
画像



  この1か月の間に2か所でフクロウを見るなんて、
  ちょっと鳥運に恵まれすぎたかな?
  直線距離で数キロしか離れていないので、同じ個体だったりして……。
  


  


ハジロカイツブリの潜り

Facebookには毎日写真を載せているのですが、ブログの方が停滞気味で……。

  北印旛沼のハジロカイツブリ。

画像


画像
  頸を伸ばしました。潜る前のサインか?

画像


画像


画像


画像


画像


  水面が穏やかな日でないと、撮れないですね。