なりかけウシガエル

ウシガエルのオタマジャクシは2年かけてカエルになるのだそうですが、そのなりかけの姿を初めて見ました。この時期だったら、普通に見られるのでしょうが、これまでそんな姿に気づきませんでした。

  まだ尻尾が残る幼生。
画像
画像

  こちらは小さいですが、ほぼ完成形になってました。
画像
  警戒心がとても強く、静かに近づかないと、すぐに逃げてしまいます。

  親の姿は  → こちら




この記事へのコメント

2014年06月16日 08:12
ハス池で大きなオタマジャクシ、そして親の鳴き声を子供の頃には
良く聞きました。名前の通り牛の鳴き声 ”ゴォォンゴォォンオ”と
最近はほとんど見かけなくなりましたね。
2014年06月17日 17:10
ツユヒメ*さんへ
ウシガエル、昔に比べて減りましたか? 
こちらは以前に増して増えている気がします。親は動くものに飛びついていく旺盛な雑食性を発揮しています。

この記事へのトラックバック